毛流れの方向に優しくそる

できるだけ肌に負担をかけないよう、毛が生えている方に向かって優しくそっていきます。根元からそれるからと、逆ぞりするのはNG。毛流れに逆らってそると、毛と一緒に皮膚まで引っぱられたり、肌表面の角質が必要以上にはがれてしまい、肌荒れや乾燥の原因にも。

 

毛流れに逆らうと埋没毛の原因に

埋没毛とは、肌の表皮の下に毛が潜り込むこと。毛流れに逆らってそると深ぞりになり、埋没したまま毛穴がふさがって、黒くポツポツし、ザラついた肌になってしまいます。抜いた場合も同様のリスクが。

 

強い力でそると黒ずみの原因に

深くそろうとカミソリを強く押し当ててしまうと、肌が刺激され炎症を起こします。すると、肌内部は刺激から守るためにメラニンの活動が活発に。メラニンが色素沈着を起こすことで、黒ずみを招く原因に。

 

一度に何回も同じところをそると肌にダメージが

そり残しをなくそうとしてやりがちな失敗が、何度も同じ場所をそる重ねぞり。そるたびに肌が刺激されるため、肌荒れや黒ずみなどトラブルのもとになります。できるだけ、一部位を少ない回数で処理しましょう。

 

古いカミソリの刃は肌を傷つける

サビたりこぼれた刃でそるのは、肌をどんどん傷つけているだけです。毎日使用しない分、劣化に気づきにくいですが、切れ味が少しでも落ちたと感じたら交換を。また、保管はサビないように乾燥した場所に。

 

https://news.livedoor.com/article/detail/13361903/

関連記事

顔の産毛をキレイにシェービングする方法と注意点

メイクの仕上がりを美しくするために大事な顔の産毛処理とまゆげカット

ムダ毛の自己処理時にやってはいけないこと、ご存知ですか

男性がすね毛を処理することで得られるメリット

ムダ毛のムダ毛のお手入れ方法別メリットとデメリットお手入れ

毛抜きでのムダ毛処理は皮膚トラブルが起きやすくリスクが高い

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です