キャリア決済を利用できる格安SIMは少数

基本的にキャリア決済は各キャリアの利用者向けサービスなので、格安SIMの多くはキャリア決済に対応していません。ですが少数ではあるものの、キャリア決済を利用できる格安SIMが存在します。

以下にキャリア決済を利用できる格安SIMを紹介し、各社の利用条件や利用範囲をご説明します。

 

キャリア決済を利用できる格安SIM

♦Y!mobile(ワイモバイル)

年齢、利用状況などに応じて限度額が異なる
各種オンラインショッピングの代金、アプリ等の購入分など
※「ソフトバンクまとめて支払い」と同一

♦UQモバイル

契約者・利用者の年齢、UQモバイルの契約期間によって限度額が異なる
事前にau IDの申込みが必要

各種オンラインショッピングの代金、アプリ等の購入分など
※「auかんたん決済」と同一

♦mineo(マイネオ)

Dプラン・デュアルタイプの利用者のみ年齢、契約継続期間によって限度額が異なる

Google Playストアでのアプリ、アプリ内サービスの購入のみ

♦楽天モバイル

楽天モバイルの支払い方法としてクレジットカードを設定している利用者のみ
データSIM(SMSなし)ユーザーは利用対象外

事前に初期設定が必要年齢などに応じて限度額が異なる
Google Playストアでのアプリ、アプリ内サービスの購入のみ

※2020年1月15日現在
※機種によってはキャリア決済を利用できない場合があります。詳細は各社公式サイトにてご確認ください。

 

https://mag.app-liv.jp/archive/126967/

関連記事

格安スマホの中でもLINEモバイルに人気が集まる理由

新iPhoneは店舗に行くよりオンラインショップで予約するのがおすすめ!

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です