永久脱毛を実現するには、毛根を破壊する必要があります。医師が常駐しているクリニックでの脱毛は、肌へ配慮しつつも効果的に毛根を破壊して永久脱毛を叶えることができます!
医療機関が行う医療脱毛方法は、次の2つが一般的です。

 

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛とは、脱毛部位にレーザーの光をあてることで、毛根にある毛を生やす細胞(毛母細胞)を破壊する脱毛方法です。黒い色素(メラニン)に反応する波長のレーザーが使われおり、照射すると毛の黒色に反応して熱が発生。この熱の作用によって毛根を破壊し、新たな毛が生えないようにしています。

ただし、医療レーザー脱毛は「成長期」にあたる毛にしか効果が期待できないということに注意が必要です。
毛は、「成長期」「退行期」「休止期」の3つの成長サイクル繰り返しています。(これを毛周期といいます)1本1本の毛によってどのサイクルにあたるかは異なるため、1度の照射ですべての毛根を破壊できるというわけではありません。部位ごとの毛周期にそって、複数回の照射が必要です。

 

ニードル脱毛

ニードル脱毛とは、毛穴に針を刺し、電流を流して毛根を破壊する脱毛方法です。ニードル脱毛では1本ずつ処置を行うのが特徴で、広範囲の脱毛を行う場合はかなりの時間を要します。また、レーザー脱毛よりも痛みが強い脱毛方法なので、痛みに弱いという方には向きません。

昨今は医療レーザー脱毛が一般的な永久脱毛の手段ですが、レーザー脱毛で照射できなかった一部分の毛にのみニードル脱毛を行うなど、部分的に脱毛する際に利用されることがある方法です。

 

サロンでの脱毛は「減毛・抑毛」

お話してきたとおり、永久脱毛を実現するためには、毛根を完全に破壊しなくてはなりません。つまり、出力の高いレーザーを照射、もしくはニードル脱毛のように電流を流すなどして、肌や毛に大きな負担をかける必要があります。
医療資格をもたないサロンでの脱毛は、万が一の肌トラブルに対応できないため、扱うレーザーの照射出力が低くなっています。脱毛というよりも、減毛・抑毛を目的としているため、”永久脱毛ができるサロン”は存在しません。

 

https://reala-clinic.com/column/column-2744/

関連記事

顔の産毛をキレイにシェービングする方法と注意点

メイクの仕上がりを美しくするために大事な顔の産毛処理とまゆげカット

ムダ毛の自己処理時にやってはいけないこと、ご存知ですか

男性がすね毛を処理することで得られるメリット

ムダ毛のムダ毛のお手入れ方法別メリットとデメリットお手入れ

毛抜きでのムダ毛処理は皮膚トラブルが起きやすくリスクが高い

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です