一般的に厄払いは、年始より節分までに行います。当寺では年間を通じて厄払いの行事を行っております。地方によってはお参りをした際に、わざと身につけている小物を落して、厄を一緒に落とすという風習があるそうです。

その他「年重ね」といい、2月に再度正月を祝い、早く厄年を送り出す風習や、節分に餅や豆と一緒に厄もまいてしまい、それを他の人に拾ってもらうという風習、あるいは、ぜんざいを多くの人に布施し、厄除けの助けとする風習などがあります。また女性はうろこ模様や七色のものを身につけると良いなど、さまざまな言い伝えもあります。

関連記事

クロスリテイリング、アフィリエイトの流れについて

京都市の注文住宅施工業者、株式会社創美建築企画の強み

天然柿成分が多く含まれているハイネス リバランスデオ

新潟でインプラントを受診するならエクセレント歯科クリニック

とある役立つサイトに巡り合ったので紹介します!

お気に入りサイト一覧

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です